京都のUber Eats配達パートナーのブログ

京都でアフィリエイターとUber Eatsの配達パートナーの副業をしている韓信(かんしん)のブログです。

原付バイク(SUZUKIアドレス110cc)での配達を開始

前回の記事で書いたように、足を痛めて自転車での配達を断念しました。

 

そこで、バイク(SUZUKIアドレス110)での配達に変更しました。

 

suzukiアドレス110

suzukiアドレス110

自転車から原付バイク(125cc以下)に変更する場合、反対に原付バイク(125cc以下)から自転車に変更する場合の両方とも手続きが必要になります。

 

特に原付バイク(125cc以下)で配達する場合には、自賠責保険の写真やバイクのナンバープレートの写真が必要になります。

 

私は、1日も早く原付バイク(125cc以下)で配達をしたかったので、パートナーセンターに行って手続きを済ませました。

 

私の住んでいる京都エリアのパートナーセンターは日曜日と月曜日が休みで、ちょうど変更手続きをしたい日が月曜日で休みだったので、大阪のパートナーセンターまで行ってきました。

 

1日くらい待てよと思われるかもしれないのですが、一度、思いついたらすぐに行動しない気が済まないという、ちょっと変わった性格でして、1日が我慢できずに大阪まで車で行ってきました。

 

必要な書類は、バイクのナンバーが記載された自賠責保険の写真とバイクのナンバープレートの写真です。

 

大阪のパートナーセンターは京都とは比べものにならないくらい大きくてびっくりしたのですが、担当の女性の方がすごく気さくで丁寧に対応してくれました。

 

銀行口座の情報に少し不備があったみたいで、少し時間がかかりましたが、担当の女性が頑張ってくれてなんとか無事に承認が下りました。

 

これで晴れて、原付バイク(125cc以下)でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をすることができるようになりました。

 

早速、家に帰って、配達用のアプリを立ち上げて稼働したのですが、自転車の時と比べて配達が本当に楽チンです。

 

原付バイクでのUber Eats(ウーバーイーツ)の配達は楽チン快適

原付バイクでのUber Eats(ウーバーイーツ)の配達は楽チン快適

自転車の時と比べると長距離の依頼もバンバンきますが、自転車の時と変わらない近くの依頼もどんどん来ます

 

近くの依頼が来た時なんて、自転車と比べものにならないくらいサクサク仕事を終えていくことができます。

 

そして、何より、大きいのが体力をほとんど使わないので、長時間の労働でも苦にならないことです。

 

自転車の場合、疲労が溜まってくるので、丸一日稼働するというのは、よほど体力のある人でなければ難しいと思いますが、原付バイク(125cc以下)の場合、私のように41歳の運動不足のオヤジでも丸一日働くことも不可能ではありません

 

特に、今の季節は寒くも無く寒くも無くという最高の環境ですので、原付バイク(125cc以下)で走っていると気持ちい。

 

これから冬になって寒くなってくると原付バイク(125cc以下)は防寒対策が必要になってくると思いますが、今のところ超快適に配達の仕事をこなすことができています。

 

少しずつ仕事の効率を上げていって、最低でも日給1万円をコンスタントに稼いでいきたいですね。

 

ちなみに、原付バイク(125cc以下)での初稼働の日の報酬は、4,163円でした(報酬は時間、地域、プロモーションによって異なります。)。

 

バイクでの初日の報酬は4,163円

バイクでの初日の報酬は4,163円