月別アーカイブ: 2019年4月

掘りごたつスタイルを採用するのも面白い

最近は、食事はダイニングテーブルで、ゆっくりする時はリビングのソファーでと言うプランが主流ですが、家族が落ち着く場所が決まっていてゆっくりしやすいと言う点で、安心感がある反面、たくさんのゲストを招いたときに対応しにくいと言うデメリットがあります。

ゲストを家に招くことが多い家にオススメのプランが、掘りごたつスタイルのリビングです。堀りごたつスタイルのリビングは、座る場所が固定されないために、人数が増えたとしても、自由自在に対応することができるのがメリットです。

特に小さな子供連れの家族やゲストが多い場合、自由にゆったりくつろぐことができますし、子供も安心して自由に好きな場所で遊ぶことができます。

リビングに余裕があれば、掘りごたつとは別に、畳のスペースを設けたり、手触りの良い木材などをセレクトすればさらに居心地良く皆が過ごせるようになります。

また掘りごたつスタイルのリビングには、直接床に座っているため、ダイニングテーブルに椅子を使って座っているよりも、天井が高く感じられるというメリットがあります。

床面積が少なくリビングにあまりスペースを取れないコンパクトな住宅にも掘りごたつスタイルのリビングが向いているといえます。

ここで1つお勧めのポイントがあります。掘りごたつに座っていると視線がどうしても低くなってしまうため、キッチンで調理をしている人と視線がずれてコミニュケーションが取りにくくなります。

そこで掘りごたつのスペースを少し上に上げたり、キッチンの床の高さを少し下げたりして、キッチンで調理している人と掘りごたつに座っている人の視線をできるだけ近づけるようにすると、コミニケーションが円滑に取れるようになります。

 

このように少しの工夫で、そこにいる人たち全員が楽しく会話がはずむような楽しく落ち着けるリビングを作ることができます。