京都のUber Eats配達パートナーのブログ

京都でアフィリエイターとUber Eatsの配達パートナーの副業をしている韓信(かんしん)のブログです。

プロモーションで2,300円GET!

今日は、朝から少しだけ稼働していました。

 

15回配達したら2,300円獲得というプロモーションがあったので、それだけはどうしても獲得したかったのです。

 

それだけ獲得したら終わりにしようと思ってスタートしました。

 

自宅待機しながら9時ちょうどにオンラインにしました。

 

30分くらい鳴らずにようやく鳴ったのですが、遠すぎたので拒否。

 

2回くらい遠いピックが続いたのでやむを得ず連続で拒否したら、またしばらく鳴らなくなりました。

 

連続で拒否したので、干されたのかと思って心配してたら、しばらくしてまた鳴り、見ると近くの某大手ファーストフード店。

 

すぐに受けてようやく本日のウバ活スタート。

 

そこから3件連続で受けることができたのですが、そこからまた鳴らなくなったので、一旦自宅に帰って昼食を食べました。

 

14時までブースト1.1倍が付いていたので、その間になんとか2,300円のプロモーションを取りたくて、また活動再開。

 

再開後は順調に鳴ってくれて、無事にプロモーションを獲得することができました。

 

最後のお届け先は、自宅から近くだったので超ラッキー。

 

そのままオフラインにして帰宅しました。

 

ということで、本日の報酬(京都エリア10月16日)は、3,791円(報酬は時間、地域、プロモーションによって異なります。)

 

これにプロモーションの2,300円を足して6,091円となりました。

 

オンライン時間:4時間28分

配達:9回

送迎の売上:3,537円

ブースト:254円

プロモーション:2,300円

 

3,791円の売上

3,791円の売上

大きなプロモーションがあったので、実働時間ではなくて、オンライン時間で計算しても時給1,000円を超えることができました

 

こういう大きなプロモーションがあるとほんと嬉しいですね。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの仕事は、プロモーションでボーナスのような報酬が時々入ってくるのが有難いです。

 

京都エリアでは、プロモーションを合わせて時給換算すると、普通に一般的なアルバイトをするよりは高いと思います。

 

私はまだ始めたばかりですが、サラリーマンの人が副業としてやる仕事、または専業としてやる仕事としても、シフトが無く自由である点で本当におすすめできる副業です。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの仕事は、個人事業主としてプロ意識を持ってできる人にぜひチャレンジして欲しい仕事です。

今日は軽めの稼働で1,621円の報酬

今日は朝から持病の偏頭痛で体調が悪かったので、子供の習い事の送り迎えなどをしながら一日ゆっくりしてました。

 

薬を飲んで少し痛みが治ってきたので、17時ごろからオンラインにするも1件しか鳴らずほとんど自宅待機。

 

あまりに鳴らないから、先に晩飯を食べてしまって、19時ごろから再びオンラインにして自宅待機してるとようやく鳴ったので出動。

 

そこから2件連続で数珠って3件を配達しました。

 

その時点で20時前くらいになってたので、自宅に帰ることにしました。

 

途中で鳴ったら配達しようと思って、オンラインのまま帰宅しましたが、最後まで鳴らず終了。

 

ちょうど20時くらいになってたし、体調がまだ完全じゃないので、本日のウバ活は終了。

 

オンライン時間は2時間34分。配達件数4回。報酬は1,621円(報酬は時間、地域、プロモーションによって異なります。)。

 

1,621円の売上

1,621円の売上

 

元々、今日は何もしない予定だったので、1,621円でも報酬が得られてラッキーだったと思っておきます。

 

明日までのプロモーションであと8回配達で2,300円がもらえるのが発生しているので、明日は何が何でもそれを取りに行きます。

 

 

反則金で報酬が水の泡に・・・

今日は、月曜日だけど体育の日でお休み。

 

しかも雨ということで、注文が鳴り止まないだろうと思って、張り切って稼働を始めました。

 

案の定オンラインにすると、すぐに鳴り、10分くらいの少しロングピックだったけど受けて配達を始めました。

 

ピックを完了すると、なんとドロップもロング。

 

いきなり、遠くへと飛ばされました。

 

ただ、配達中に近くで次の注文がすぐに入り3件連続で鳴って順調に配達をこなしました。

 

雨が強くなってきて、雨インセも発生したので、一旦家に戻って、本格的に雨装備をして出直そうと帰っている最中に、まさかのサイレン音。

 

後ろを振り返ると覆面パトカーがサイレンを鳴らして、「止まってください。」と言っている。

 

周りを見ると自分しかいない。

 

ということで、見事に一時不停止違反で捕まりました。

 

一時不停止で捕まる

一時不停止で捕まる

反則金7,000円、減点2点。

 

せっかくゴールド免許になったのにまた青免許に逆戻り。

 

車に乗っている時は、ほとんど捕まらないけど、原付バイクってマジで捕まりやすいんだよね。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの副業をバイクでやるって決めた時に、何回か捕まることは想定していたし、覚悟していたから、その反則金は必要経費として、考えていたんだけど、実際に捕まるとやっぱり、心が折れる。

 

1日の売上が水の泡になって消えたと思うと、やるせない気持ちになってしまって、本日の稼働は終了となりました。

 

この記事を書いている今は冷静になって落ち着いているけど、捕まった時は、自分が悪いんだけどイラッとしたし、強烈に落ち込んで心が折れちゃいました。

 

少しゆっくりして、落ち着いたら、事故を起こさないように、気をつけるように、警察が捕まえて注意してくれたんだと前向きに思って、また頑張ろうと思います。

 

これからバイクに乗って仕事をしていくにあたって、事故を起こして大変なことになる前に、警察官の人たちに注意してもらえたので感謝しようと思います。

 

ということで、今日の報酬は、1,923円(報酬は時間、地域、プロモーションによって異なります。)。

 

内訳は、以下の通り。90円だけど始めてブーストがついて嬉しい。

 

送迎の売上:1,433円

ブースト:90円

プロモーション:400円

 

ちなみに、夜は、クーポンがあったのでUber Eats(ウーバーイーツ)を注文者として利用しました。

 

楽天でも人気があるらしいクリームブリュレ。三条大宮近く(三条商店街の中)にあるクリームブリュレドーナツ専門店Brulee

 

生キャラメル入りブリュレ

生キャラメル入りブリュレ

持ってきてくれた配達パートナーの人と少しUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナー談義で少し盛り上がりました(笑)

 

お疲れ様です。お互い頑張りましょう。

調子が悪いと思いながらも自己記録更新

今日は、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの仕事を始めてから初の日曜日の本格稼働をしてきました。

 

日曜日は稼げるという情報をいろんな人のブログやYouTubeから得ていたので楽しみにしていたのですが、思っていたよりは鳴らなかったなという感じです。

 

鳴ってから行く大手のチェーン店には、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーだらけでびっくり

 

平日に普通の正社員として働いている人や、大学生なんかが日曜日に副業で稼働しているのが多いのかもしれないですね。

 

みなさん休日なのに頑張って立派ですね。

 

今まで平日ばかりの稼働だったので、こんなにたくさんのUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーと会うことがなかったのでちょっと嬉しかったです。

 

ウバックを持っている人を見つけるたびに「お疲れ様です。」とか声かけて仲間とのコミュニケーションを楽しんでいました。

 

自分だけかもしれないけど、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーを見ると同志に思えてきて親近感が湧きます(笑)

 

思ってたより鳴らなかったのと、店で待たされたこと、ピンずれが多かった事で、思うようにスイスイと配達をできませんでした。

 

お互い様だから仕方ないと思うけど、店で10分以上待たされるのは本当に勘弁して欲しいとは思いますね。

 

早く出発したいのに、完全に餌を前にして「待て!」と言われている犬状態ですよ。

早く出発させて欲しい!

早く出発させて欲しい!

それでも、なんとかロングドロップのダブルを2件こなしたのが大きかったのか、なんとか自己記録を更新できました。

 

と言っても、全然ベタランの配達パートナーの人と比べるとしょぼい金額なんですけどね。

 

今日の報酬は6,672円でした(報酬は時間、地域、プロモーションによって異なります。)。

今日の売上は6,672円

今日の売上は6,672円

帰り際にあと一件鳴れば7,000円を超えれたんですけど、鳴らなかったのでちょっと残念ですね。

 

まぁ、稼働時間はそれほど変わらずに、少しずつ売り上げが上がってきているので、よしとしましょう。

 

それから、ようやく明日からブーストが適用されるようになりました

ようやくブースト適用

ようやくブースト適用

1.1倍ですけど、今までは全くブーストがかかってなかったので、それでも十分嬉しいです。

 

パートナーセンターの人には、2週間くらいブーストはかからないかもしれないと言われていたので、1週間でブーストがかかってよかったです。

 

これでまた少しは報酬がアップすると思います。

 

今日の反省点は、安易にダブルは受けない方がいいなということです。

 

特に、壊れやすい料理や入れ物が大きい料理の可能性が高い店では、できればダブルはやめておくのが無難だなと思いました。

 

というのも、今日受けたダブルの1件が、サイズの大きい箱に入っている物が2つだったのでバックに入れるのに非常に苦労したのです。

 

バッグの底の部分を伸ばして、何とか収めることができましたけど、もう少し量が多ければ、バックに入りきらないということにもなりかねません。

 

壊れやすい料理の場合には、運転にも気を使いますしね。

 

ベテランの配達パートナーになってくると、そういうのも考えながら行動できるようになるんでしょうね。

 

あのお店は崩れやすい料理で入れ物が大きいかもしれない。

 

あのお店はロングドロップになる可能性が高いとか。

 

ピロリロンって鳴った時に、だいたいの地図を見て、どの店なのかを一瞬で予想したりもしているんでしょう。

 

早く慣れて、ベテランの配達パートナーになってコンスタントに時給換算で2,000円は超えられるようになりたいです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして働くために必要なアイテム11選

今回は、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして働くために準備しておくと便利なアイテムをご紹介します。

 

少しだけ準備をしておくことで、仕事の効率が大きく変わります。

 

仕事を効率よく進められるということは、自分の報酬アップに直結してくるので、仕事をするのに便利なアイテムは、どれもそれほど高い物ではないので、先行投資だと思って、買っておくことをおすすめします。

1.スマホ(スマートフォン)

スマホはマストアイテム

スマホはマストアイテム

スマホがなくては仕事が全くできません。Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの仕事は全てスマホで完結しますので、スマホはマストアイテムです。

 

できれば、できるだけ新しい物を持っておくと仕事が効率化できます。

 

古いスマホだとバッテリーがすぐに無くなります。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの仕事は、ドライバー用のアプリをほとんど立ち上げたまま仕事をするし、場所が分からない場合にはGoogle マップのナビ機能を使うことになるので、バッテリーを激しく消費します。

 

古いスマホだとほんの数時間でバッテリーが無くなってしまうなんてことになりかねません。

 

また、古いスマホだとサクサク動作せずにフリーズしたりする危険性もあります。アプリがサクサク動いてくれないと仕事に支障が出ます。

 

スマホは高いものですが、絶対に必要なアイテムなので、ある程度お金をかけてもいいと思います。

 

もちろん、自分が持っているプライベートで使っているスマホをそのまま使うので大丈夫ですよ。

 

それから、スマホには必ずケースをつけておくようにしましょう。慌てているときなんかに落とす可能性が高いので、自分の大事なスマホを守れる強力なケースをつけておくことをおすすめします。

2.モバイルバッテリー

大容量モバイルバッテリー

大容量モバイルバッテリー

スマホと共にマストアイテムなのがモバイルバッテリーです。

 

1日に、2〜3時間くらいしか稼働しないという人であれば、必要無いのですが、それ以上働くという人には絶対に必要なアイテムです。

 

長時間働いていると、スマホのバッテリーは必ず無くなります。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの仕事は、スマホがなければできません。

 

なので、モバイルバッテリーがなければ、スマホのバッテリーが切れた時点で業務終了です。

 

そうならないためにも、充電しながらスマホを使えるようにモバイルバッテリーが必要になってきます。

 

できれば、大容量のモバイルバッテリーを用意しておきましょう。

 

ちなみに私は、Ankerの20100mAhの大容量モバイルバッテリーを使っていますが、そこまで大きいのは必要ありません。

 

Ankerのモバイルバッテリーは安くて安全性も高いので、おすすめです。Amazonで買うと安く買えます。

 

Anker PowerCore 20100 (20100mAh 2ポート 超大容量 モバイルバッテリー) 【PSE認証済/PowerIQ搭載/マット仕上げ】iPhone&Android対応 (ブラック)

3.スマホホルダー

スマホホルダーは絶対に必要

スマホホルダーは絶対に必要

自転車でも原付バイクでもスマホホルダーは必須です。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの仕事中は基本的に、ずっとスマホを使います。

 

自分が知らない場所に行く時にはGoogleマップのナビ機能を使って行くのですが、その時に片手にスマホを持ちながら運転するというのは本当に危険です。

 

ポケットからいちいち取り出して場所を確認しながら移動するというのも効率が悪いです。

 

なので、ハンドル部分に取り付けるスマホホルダーはUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーにとって必須のアイテムと言えます。

 

商品を受け取ってからお客さんの所に運んでいる途中に、次の依頼がくることがあります。

 

これを専門用語で数珠(じゅず)るというのですが、スマホをポケットに入れて移動しているとこれに気付きません。

 

スマホホルダーに取り付けておけば、すぐに気づくことができるので、注文を逃すことがありません。

 

スマホホルダーは売上アップのためにもマストアイテムです。

 

とにかく、注文を逃さないために、スマホはポケットの中では無くて、常に画面が見える状態にしておくことが大切です。

 

スマホホルダーはたくさんの種類があるのですが、選ぶポイントは、ガッチリ固定できることと、取り外しが簡単なことです。

 

その両方に優れているのが私も使っているこちらの商品です。

 

バイク用も自転車用も両方アマゾンで安く買えますよ。 

 

ちなみに私は、バックミラーを外したりする工具がなかったのでバイク屋さんに持っていって、取り付けてもらいました。

 

↓自転車用

Tiakia 自転車 スマホ ホルダー オートバイ バイク スマートフォン振れ止め 脱落防止 GPSナビ 携帯 固定用 防水 に適用iphone7 8 X xperia HUAWEI android 多機種対応 角度調整 360度回転 脱着簡単 強力な保護 (ブラック)

 

↓バイク用

Tiakia バイク スマホ ホルダー 振れ止め 脱落防止 オートバイ スマートフォン GPSナビ 携帯 固定用 マウント スタンド 防水 に適用iphone7 8 X xperia HUAWEI android 多機種対応 角度調整 360度回転 脱着簡単 強力な保護 (ブラック)

4.ウバック

ウバック

ウバック

これも無くては始まりません。

 

大切な商品を、大事に保温しながら配達するために絶対に必要なアイテムです。

 

これは、デポジットが必要になりますがUber Eats(ウーバーイーツ)から支給されますので、自分で用意する必要はありません。

5.エアパッキン(プチプチ)

エアパッキンがあると料理を安全に運べます。

エアパッキンがあると料理を安全に運べます。

レストランから受け取る料理の大きさはバラバラです。

 

大きい物もあれば、小さい物もあります。

 

バックにぴったりの大きさで入ることは、まずありませんので、単にバックに入れただけでは中で固定されずに自転車やバイクで走っていると動いてしまいます。

 

エアパッキンがあれば、料理とバックの空いている隙間をうまく埋めることができるので、料理を完全に動かないように固定することができます

 

特に、汁物やドリンクを運ぶ時には、絶対に倒すわけにはいかないので、エアパッキンがあると非常に便利です。

 

配達に出かける時には、小さく切ったエアパッキンを何枚か入れておくと配達が楽になりますよ。

6.グローブ

グローブがあると手の疲労が軽減できる。

グローブがあると手の疲労が軽減できる。

自転車に乗る時には、特にあると便利です。

 

自転車やバイクに長時間乗っていると手がだんだん疲れてきます。

 

クロスバイクやロードバイクの場合には、手にも体重がかかる姿勢で乗ることになるので、グローブが無いと手のひらの皮がめくれたりします。

 

グローブがあると、手が滑らないので、ハンドルを握る手が本当に楽になります。

 

絶対に必要という物ではありませんが、長時間の労働をするのであれば、じわじわと効いてくるアイテムですので、用意しておくことをおすすめします。

 

グローブもアマゾンで買えば安く買えます。

HIKING サイクリンググローブ 夏 3D 立体 サイクルグローブ 自転車 手袋 衝撃吸収 耐磨耗性 換気性 通気性 速乾性 滑り止め付き 5色 男女兼用

7.ウェストポーチ

釣り銭用のウェストポーチ

釣り銭用のウェストポーチ

Uber Eats(ウーバーイーツ)では現金払いができます。

 

現金払いのお客様の注文を取るかどうかは自分で設定することができるのですが、たくさんの注文を取りたいと思えば、現金払いにも対応しておくことが必須となります。

 

現金払いの場合、自分で釣り銭を用意しておくことが必要になりますので、釣り銭をいれるようの小さなウェストポーチを用意しておくと、現金の受け渡しがスムーズに行えます。

 

現金の受け渡しの時にモタモタして注文者を待たせることになると、Bad評価を付けられる可能性もあるので、プロとしてスムーズに行いたいところです。

 

釣り銭用の小さなウェストポートはマストアイテムと言えるでしょう。

 

アマゾンでも安く買えますが、私はワークマンで売っていたものを使っています。

 

8.コインケース

コインケースがあると便利

コインケースがあると便利

釣り銭用のウェストポーチと一緒にあると便利なのがコインケースです。

 

ポーチの中に釣り銭がぐちゃぐちゃになって入っていたのでは、取り出すのに時間がかかります。

 

スマートに素早く小銭を取り出して渡すために、コインケースを用意しておきましょう。

 

これが有るのと無いのとでは釣り銭を渡すスピードが全然違います。

 

釣り銭の受け渡しを素早く終わらせると、すぐに次の注文を受ける体勢が取れるので、売り上げアップにもつながります

 

100円ショップで売っている安いものなので、コインケースはぜひ用意しておきましょう。

 

9.鍵につけて引っ張ると伸びるやつ

鍵を無くさないように素早く動ける

鍵を無くさないように素早く動ける

名前が分からないのですが、自転車やバイクの鍵をズボンなどにひっかけておいて、引っ張ると伸びるやつです。

 

これがあると、いちいちポケットから鍵を出し入れする必要が無いので、その分配達のスピードを上げることができます。

 

バイクや自転車の鍵をかけたり外したりという動作は、1日の中で何回も行うことになるので、その時間を節約できます。

 

これも少しでも効率を上げて、売り上げをアップさせるためにあると便利な道具です。

 

100円ショップでも売っていると思うのですが、あまり安いと簡単に壊れてしまうので、ホームセンターなどで数百円くらいの少し良いものを買っておくと長持ちします。

 

10.Apple Watch(アップルウオッチ)

注文を逃さないための通知を受け取れる

注文を逃さないための通知を受け取れる

これはスマホにiPhoneを使っている人に限定の話なのですが、あると便利です。

 

注文がくると音が鳴るのですが、バイクや自転車で走っていると気付かない時があります。

 

その時にApple Watchを付けていると手首に振動で通知してくれるので、注文を見逃しにくくなります。

 

これは必須ではありませんが、もし持っていれば活用すると便利です。

 

11.ショルダーバック

ショルダーバックに私物を入れておく

ショルダーバックに私物を入れておく

私は、少し大きめのショルダーバックに、財布、家の鍵、モバイルバッテリー、ケーブル類、ボールペンなどを入れています。

 

これを肩から斜めにかけて、腰には釣り銭用のウェストポーチというダブルバックスタイルです。

 

仕事に関係のない私物を別のバックに入れておくことで、仕事の効率が上がりますのであると便利ですよ。

 

特にモバイルバッテリーは、持ち運びに困るのでショルダーバックがあると便利です。

 

最後に・・・

今回、紹介したアイテムは全て必須というわけではありませんが、持っていると確実に仕事の効率を上げることがあるので本当に便利です。

 

少しでもスムーズに仕事をこなして、売上アップを目指すために、道具にはある程度お金をかけるのが大事だと思います。

 

また、今回紹介したアイテムには雨の日用のアイテムや冬用のアイテムが含まれていませんので、それられについてはまた別の記事で書きます。

 

また、他にもこんなものがあれば便利だよというのがあれば、コメントなどで教えていただけると嬉しいです。

原付バイク(SUZUKIアドレス110cc)での配達を開始

前回の記事で書いたように、足を痛めて自転車での配達を断念しました。

 

そこで、バイク(SUZUKIアドレス110)での配達に変更しました。

 

suzukiアドレス110

suzukiアドレス110

自転車から原付バイク(125cc以下)に変更する場合、反対に原付バイク(125cc以下)から自転車に変更する場合の両方とも手続きが必要になります。

 

特に原付バイク(125cc以下)で配達する場合には、自賠責保険の写真やバイクのナンバープレートの写真が必要になります。

 

私は、1日も早く原付バイク(125cc以下)で配達をしたかったので、パートナーセンターに行って手続きを済ませました。

 

私の住んでいる京都エリアのパートナーセンターは日曜日と月曜日が休みで、ちょうど変更手続きをしたい日が月曜日で休みだったので、大阪のパートナーセンターまで行ってきました。

 

1日くらい待てよと思われるかもしれないのですが、一度、思いついたらすぐに行動しない気が済まないという、ちょっと変わった性格でして、1日が我慢できずに大阪まで車で行ってきました。

 

必要な書類は、バイクのナンバーが記載された自賠責保険の写真とバイクのナンバープレートの写真です。

 

大阪のパートナーセンターは京都とは比べものにならないくらい大きくてびっくりしたのですが、担当の女性の方がすごく気さくで丁寧に対応してくれました。

 

銀行口座の情報に少し不備があったみたいで、少し時間がかかりましたが、担当の女性が頑張ってくれてなんとか無事に承認が下りました。

 

これで晴れて、原付バイク(125cc以下)でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をすることができるようになりました。

 

早速、家に帰って、配達用のアプリを立ち上げて稼働したのですが、自転車の時と比べて配達が本当に楽チンです。

 

原付バイクでのUber Eats(ウーバーイーツ)の配達は楽チン快適

原付バイクでのUber Eats(ウーバーイーツ)の配達は楽チン快適

自転車の時と比べると長距離の依頼もバンバンきますが、自転車の時と変わらない近くの依頼もどんどん来ます

 

近くの依頼が来た時なんて、自転車と比べものにならないくらいサクサク仕事を終えていくことができます。

 

そして、何より、大きいのが体力をほとんど使わないので、長時間の労働でも苦にならないことです。

 

自転車の場合、疲労が溜まってくるので、丸一日稼働するというのは、よほど体力のある人でなければ難しいと思いますが、原付バイク(125cc以下)の場合、私のように41歳の運動不足のオヤジでも丸一日働くことも不可能ではありません

 

特に、今の季節は寒くも無く寒くも無くという最高の環境ですので、原付バイク(125cc以下)で走っていると気持ちい。

 

これから冬になって寒くなってくると原付バイク(125cc以下)は防寒対策が必要になってくると思いますが、今のところ超快適に配達の仕事をこなすことができています。

 

少しずつ仕事の効率を上げていって、最低でも日給1万円をコンスタントに稼いでいきたいですね。

 

ちなみに、原付バイク(125cc以下)での初稼働の日の報酬は、4,163円でした(報酬は時間、地域、プロモーションによって異なります。)。

 

バイクでの初日の報酬は4,163円

バイクでの初日の報酬は4,163円

稼働2日目のロングドロップで足を痛めて自転車をリタイヤ

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとしての仕事1日目は、1件だけで終わったので、2日目は、どっぷり働こうと思って動き始めました。

 

1件目、2件目と順調に鳴って、難なくこなしたのですが、3件目に悲劇が起きました。

 

ちなみに「鳴る」というのは業界用語で、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達用アプリをオンライン状態にして待機している時に、呼び出しがかかると音が鳴ることから、注文の依頼が来たことを「鳴る」と呼びます

 

3件目が鳴って、ピック(料理をレストランに取りに行く事)はそれほど遠くなかったので、依頼を受けて取りに行きました。

 

料理を受け取って、バックに入れて、きちんと梱包し、受け取り完了の手続きをすると、料理を持っていくお客様の住所が表示されます。

 

その場所を見てびっくり。

 

今までに車でしか行ったことのないような場所で、5キロか6キロくらい離れている場所でした。

 

自転車で25分くらいはかかるような場所で、まさかそんな遠いところまで自転車で走らされるとは思ってもいませんでした。

 

後で、別の配達パートナーの人やパートナーセンターの人に聞くと、それくらいの距離だとバイクの配達パートナーがいない場合には、自転車部隊に振られるので、普通にあるとのことでした。

 

ジムで少しは筋トレしているものの、基本的に運動不足で、自転車なんてほとんど乗らない私にとっては、それだけの距離を自転車で走るのはかなりキツかった。

 

しかも、お客さんが待っているというプレッシャーから、どうしても全力でペダルを漕いでしまうので、余計に疲れる。

 

極めつけは、最後の1キロくらいの上り坂。

 

自転車で上り坂はきつい

自転車で上り坂はきつい

これで完全にふくらはぎがやられました。

 

左のふくらはぎに痛みが出てきました。足がつったような状態になりました。

 

なんとか注文者のところにまでたどり着いて無事に商品を渡すことができたのですが、緊張が溶けた瞬間に痛みがひどくなってきました。

 

帰り道に、左足をかばいながら不自然な漕ぎ方をしていたので、今度はだんだん右足まで痛くなってきて、姉妹には、ふくらはぎだけではなくて、両足の太ももまで痛くなってきました。

 

41歳の運動不足のおっさんにとっては、急激で高負荷な運動になってしまったようで、両足が完全にやられてしまいました

 

自転車の坂登りで両足を負傷

自転車の坂登りで両足を負傷

もう配達を続けることはできないと思って、アプリをオフラインにして、たったの3件で業務終了(チーン!)

 

自転車での配達を舐めてました。

 

もちろん、少しずつ続けて、体を慣らしていけば、長距離も走れるようになると思います。

 

でも、私は自転車での配達をリタイアして、バイクでの配達をすることを決意しました。

 

これを読んでいるあなたも、もし自転車に慣れていなくて、体力に自信がないのであれば、自転車での配達はかなり体力的にきついものだと覚悟しておいた方がいいいですよ。

 

特に、ロードバイクやクロスバイクではなくて、普通のシティサイクルやママチャリで配達しようと考えている人は、相当の覚悟を持って始めた方が良いでしょう。

 

まぁ、若くて体力があって、回復力にも優れている人であれば自転車でも全然いけるんでしょうけどね。

 

自転車で配達するのが良いのか、原付バイク(125cc以下)で配達するのが良いのかについては、また別の記事で書きたいと思います。

 

ということで、今回は自転車でのロングドロップで手痛い洗礼を受けて両足を痛めたという話でした。

 

ちなみに、この日の報酬は3件で1,337円でした(報酬は時間、地域、プロモーションによって異なります。)。

 

報酬は1,337円

報酬は1,337円

3件目のロングドロップで稼げたのが大きかったですね。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの報酬の計算式については少し複雑なので、また別の記事で書きたいと思います。